中文 日本語

米系大手企業EDI、中国無錫市に海外投資会社の事務所を開設

2012年2月23日 11:46

チャイナプロジェクトの秦です。近年、中国の中央政府及び各地方政府は、「海外高度人材誘致計画」を実施、その計画にある様々な優遇政策が注目されています。それを目指して、各国間の競争が激化しつつあります。アジアの日本だけでなく、アメリカのような先端技術を有する国もこの勢いに乗っています。米国カリフォルニア州にある自動車関連のグローバル大手企業EDIは、昨年12月に中国無錫市に事務所を開設し、中国進出拡大を継続していることを、本日発表しました。詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.japancorp.net/japan/Article.asp?Art_ID=56369


沢山先端技術を有する日本でも、もちろん様々なパターンで中国に進出しようと努力しているようですが、「欧米系より、拘りが多過ぎ、検討する期間が長過ぎ」などの評価が中国より伝わっています。「ビジネスチャンスを逃さないように、もっと決断力をつけて欲しい」というような考えも少なくないです。誇りになっている慎重さという日本人の民族性には、メリットがありながら、マイナス効果も決してないわけではないでしょう。

Copyright(c) 2011. チャイナプロジェクト株式会社 Allrights Reserved.