中文 日本語

2013年3月24日、チャイナデイリーは、日本で高い学歴を持つ女性が仕事を続けられず、やむを得ず家庭に入らざるを得ない状況に陥っていると伝えた。また、日本の人口危機が徐々に進んでおり、50年後には人口が大幅に減るとの見通しを専門家が指摘している。

2013年3月24日、中国新聞網は記事「日本外交官が中華民族の復興に疑義=専門家は中国の夢を汚すものと非難」を掲載した。

2013年3月25日、四川在線によると、習近平(シー・ジンピン)国家主席の彭麗媛(ポン・リーユエン)夫人が夫に同行してロシアを訪問した際に持っていた黒いハンドバッグに注目が集まっている。このバッグは広州の某アパレルメーカーが製造したものとネット上で噂されていたが、記者の取材で24日、同メーカーでオーダーメイドしたものと判明。似たような同社製バッグが市場で販売されていたが、成都ではすでに完売、広州でも在庫はわずかの状態。予約注文は可能だが、入手できるのは早くて来週になるという。

2013年3月25日、人民日報(電子版)によると、日本の中国語教育推進会「五星奨」が企画する遊学団が今月23日、北京市や陝西省西安市に続いて、四川省成都市に到着。西南交通大学や世界遺産に登録されている「楽山大仏」、パンダ繁殖研究基地、武侯祠(ぶこうし)などを訪問したほか、名物店「陳麻婆」で本番の麻婆豆腐を味わった。

中国国家民族事務委員会(国家民委)の呉仕民・副主任は7日午後、寧夏回族自治区代表団の討論に参加し、「新たな計画出産国策を早急に確立し、『一人っ子政策』に終止符を打つべき」との重要提案を出した。中国経済網が伝えた。

 呉副主任の発言の要旨は次の通り。

ユニクロは日本・世界で有名なファッションブランドだ。同ブランドを運営するファーストリテイリング社の柳井正社長は日本一の長者で、国内外で名を知られている。しかし一方で、ネット上では、ユニクロは「ブラック企業」だと盛んに報じられている。また社員の3年内の離職率が50%に達することから、「軍隊のようだ」と非難する声もある。環球網が伝えた。

中国外交部(外務省)の張志軍・副部長は5日、「第一財経日報」など国内マスコミ各社の質問に対し、「中国側は釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題が妥当に解決され、矛楯が効果的に緩衝されることを望んでいる。我々は中国の領土主権が侵害されるのを断じて許さない」と述べた。第一財経日報が伝えた。

欧米の経済体が相次いで量的緩和政策をうち出したことにともない、特に日本の中央銀行(日本銀行)が無制限の金融緩和をスタートしたことにともない、一部の経済体では通貨切り下げの傾向がますます顕在化している。円安の影響を受けて、韓国ウォンをはじめとする一連の通貨が弱くなり、通貨切り下げのドミノ倒しが起きている。「重慶日報」が伝えた。

中国経済は「中所得の罠」や「日本式の不況」に陥るのだろうか。労働者の賃金の上昇、高齢化の到来は中国経済にどのような影響を与えるのだろうか。米ピーターソン国際経済研究所のシニアフェローであり中国経済の専門家であるニコラス・R. ラーディ氏はこのほど環球時報の取材に答え、これらの問題に比較的楽観的な見方を示した。ラーディ氏は「中国がやるべきことは、経済構造の調整加速、および経済発展モデルの転換に関する政策を着実に実施することだ」と指摘する。環球時報が伝えた。

国際会計事務所グラント・ソントンがこのほど発表した「国際ビジネスアンケート調査報告書」によると、調査対象となった200社余りの中国本土企業のうち、94%の企業が女性を役員につけている。中国企業に占める女性役員の比率は昨年の25%から51%に上昇し、21%の世界平均水準を大きく上回り世界一となった。新華網が伝えた。

2013年2月25日、ラジオ・フランス・アンテルナショナル中国語版サイトは、3月に中国国家主席に就任する習近平(シー・ジンピン)共産党総書記の初の外遊先がロシアになる可能性が高いことについて、その意味を分析した。

  2013年2月28日、環球時報によると、英紙デイリー・テレグラフは26日、中国の地方政府高官の出世の判断基準は国内総生産(GDP)成長率がほとんどすべてであり、環境問題を重視する高官は出世できないと伝えた。

  2013年2月28日、人民日報によると、中国全国老齢工作委員会弁公室(老齢弁)は高齢者事業の発展状況に関する全面的な総括と評価を行った国内初の青書「2013年中国老齢事業発展報告」を27日に発表した。報告によると、中国の高齢者は、人口の基数が大きく、高齢化の進行スピードが極めて速く、慢性疾患の罹患(りかん)率が高いという特徴を呈している。また、高齢化

チャイナプロジェクト代表 樋笠 耕治 facebookページ開設
チャイナプロジェクト 秦千懿 facebookページ開設

Copyright(c) 2011. チャイナプロジェクト株式会社 Allrights Reserved.