中文 日本語

2013年7月30日、新浪ブログのエントリー「日本アニメ漫画、50の共通点」が話題となっている。

  2013年7月31日、人民日報(電子版)によると、米カリフォルニア大学サンディエゴキャンパスに在籍する中国系男子学生は、2012年に米国の麻薬取締で身柄を拘束されたあと、5日間も放置され、自身の尿で命をつないだという。中国系学生はその後当局を訴え、このほど当局と410万ドル(約4億円)の賠償で和解した。

  2013年7月29日、仏華字メディア・欧洲時報(電子版)によれば、目下の中国は「史上最悪の就職難」となっている。就職を希望する一部の学生にとっては、企業へ次々に履歴書を送ることのほかに、「顔を整形」して印象を良くすることも重要になっているという

  2013年7月24日、日本の世論と経済界は中国経済の先行きに大きく注目している。最近、日本の大手新聞や雑誌は多くの紙幅を割いて上半期中国経済の発展情況について述べるとともに、経済専門家の分析や論評を紹介。日本の企業家は中国の上半期経済の下ぶれ情勢に懸念を表明し、各種データから中国経済が新たな調整の時期に入ったことがわかり、中国政府は経済の調整コントロールにあたってこれから難しい選択に直面するとの見方を示す。経済日報が伝えた。

  2013年7月28日、華字紙・日本新華僑報によると、日本のインスタントラーメンが中国市場で攻勢に出ようとしている。

  2013年7月31日、安倍晋三首相は今月末、東南アジアを訪問。27日には、フィリピンに巡視船10隻を供与すると発表した。これに対しフィリピンの慰安婦組織は、大統領府近くで抗議デモを行い、中国版ツイッターでも多くのコメントが寄せられた。以下はその代表的なコメント。

  2013年7月28日、飯島勲内閣官房参与が「日中首脳会談はそう遠くない時期に開かれる」と発言し、注目を集めている。これは、飯島氏が長野県で講演した際の発言。同氏は今月13~16日に北京を訪れ、複数の中国政府要人と面会したことを明らかにした。日中首脳会談への見通しについては、「多くの人たちと話し合う中で、いい感触を得た」と述べたが、面会相手については身分を明かさなかった。

あるウェブサイトがこのほど掲載したグラフによると、中国の「過労死」数はサラリーマンを中心にすでに60万人以上に達しているという。このグループは一般的に「亜健康」(健康と病気の間の状態)状態にあり、病気があっても治療せずに耐え、健康を金銭や仕事を引き換えにしている。このニュースにインターネット利用者からは「私の『中国の夢』は残業しなくても業績を挙げることだ」というコメントが殺到している。中国網が伝えた。

中国籍力士・蒼国来は先週末、大相撲名古屋場所を6勝9敗で無事終え、注目を集めた。「日刊スポーツ」などのメディアは、蒼国来は八百長の疑惑があり、相撲協会を解雇され、取組できなくなっていたと報じた。2年半にわたり蒼国来は訴訟をつづけ、ついに潔白が証明され、土俵に戻ることができた。蒼国来の境遇は人々に、日本の相撲界で精進する外国人力士をふたたび思い起こさせた。「環球時報」が伝えた。

日本で数年アルバイトをすると、日本の企業が我々と同様、企業文化や職業モラルなど「ソフト面」を重視していることに気づいた。しかし日本企業の「ソフト面」に触れた後、こまやかに振り返ると、その機能は経営者の社員に対する「洗脳」教育プログラムのように感じた。「北青網」が伝えた。

チャイナプロジェクト代表 樋笠 耕治 facebookページ開設
チャイナプロジェクト 秦千懿 facebookページ開設

Copyright(c) 2011. チャイナプロジェクト株式会社 Allrights Reserved.