中文 日本語


チャイナプロジェクトの樋笠です。中国商務部が電子商取引企業によるネットショップ開業を支援していくというニュースが報じられました。すでに中国のネットショップ市場は世界最大の規模に達していますが、あと5年、10年で、世界中で中国企業のネットショップの存在感が一層高まっていくように感じています。以下、「人民網日本語版」記事より引用します。

tmallpc.jpg

チャイナプロジェクトの樋笠です。

今年は円安傾向が定着していることもあり、日本国内で高級マンションをはじめとする不動産購入が増加傾向にあるというニュースです。実際に、高級賃貸の市場でも外資系企業や中華系の富裕層が借り手として定着しているという話も聞いたことがあります。日本の不動産業界にとっては、アジアマネーの投資を呼び込んで、市場の活性化を促していますので歓迎すべき傾向でしょう。以下、SankeiBizのニュース記事より引用します。


チャイナプロジェクトの樋笠です。昨日の独身の日(11月11日)のセールにより、中国最大のネットショップである天猫(Tmall)の決済額が350億1850万6867元に達したというニュースが報じられました。昨年も191億元の売上を記録しましたが、今年はさらに1.8倍強に伸ばしましたね。

この350億元は1元16円で換算しますと約5600億円(!)。日本有数の楽天市場の12年12月期の流通総額が1兆3000億円程度と言われていますので、楽天の年間流通額の4割強をたった1日で売り上げた計算になります。

今後の所得や消費水準の向上を考えますと、中国は間違いなく世界一のネット通販大国になっていると実感します。

以下、ほかにも非常に示唆に富む記事内容ですので、ぜひご覧ください。


tmall.jpg


チャイナプロジェクトの樋笠です。当社は中国ビジネスの専門家紹介が主な事業ですが、そのほかにも「中国企業の日本向けネットショップの運営支援」を行っています。


このビジネスは、主に通販サイトの日本代理店業務と、顧客サポート業務から成り立っています。

9月に大阪市で、台風のため増水した川に飛び込み、流されていた男児を救助した中国人留学生の厳俊さんについての報道は、日本のネット上でも「良い話」として広く伝わった。日本の大阪府警察本部では、18日に厳俊さんに表彰状を贈呈し、勇気ある行為を表彰した。人民網が伝えた。
P201311011325421613230189.jpg

中国国内のモバイルゲーム市場はすでに飽和状態にあり、同業界の中小企業のほとんどが過酷な生存環境に身を置いている。これに対し、海外のモバイルゲーム市場はより有利な環境にある。秩序ある競争が確保されており、総合的に質の高い製品が人気を博しやすい。中でも日本は、iOSのアプリ売上高で世界最大規模を誇り、ユーザーが製品の質に対して高い要求を持つため、中国のモバイルゲームが海外で成功できるかどうかの腕試しにはもってこいの場所だ。このほど、「Rabbit Journey - エンドレス旅」というモバイルゲームが日本でリリースされ、24時間以内に有料ランキングで21位、ゲームランキングで6位という好成績を収めた。これは、日本のモバイルゲーム市場という「難関」にチャレンジしたいと思っている中国モバイルゲーム企業にとって、非常に喜ばしいニュースとなった。中国新聞網が伝えた。

「世界日報」は先ごろ、経済発展の将来性ある国・地域からの人材誘致のため、海外留学生争奪戦が現在、世界各国で静に繰り広げられている、と報じた。この日に日に熾烈になる競争に直面し、日本は自国の海外留学生政策に対する反省と見直しを始めた。中国教育報が伝えた。

ネットユーザー「師房美食」さんは12日、「微博(ウェイボー・ミニブログ)」で、友人が蘇州の水道水を日本で検査依頼した結果、意外なことに、中国基準のみならず、日本の飲用水基準に達していることが分かった、と書き込んだ。彼はまた、浄水器による浄化に大差はなく、蘇州では必要がないため買って勿体なかった、とした。さらに、ウォーターサーバーの細菌は水道水より遙かに多く、この結論は医療機関の機器により判明したもので、原因はサーバーが不潔だからということではない、と明らかにした。現代快報が伝えた。

チャイナプロジェクト代表 樋笠 耕治 facebookページ開設
チャイナプロジェクト 秦千懿 facebookページ開設

Copyright(c) 2011. チャイナプロジェクト株式会社 Allrights Reserved.