中文 日本語


こんにちは、チャイナプロジェクトの樋笠です。尖閣問題で緊張する日中関係。ビジネスの現場でも各方面で大きな影響が出ています。とくに中国へ工場進出をされている企業様にとっては、改めて、工場マネジメントを基本からしっかりと見直す時期かもしれません。

弊社運営の「チャイナプロフェッショナル」にもご登録戴いております、
中国の工場マネジメントのエキスパート・KPIマネジメント根本隆吉さんのセミナーをご紹介します。

chinapro.jp3.jpg

■2012年9月29日(土)13時~17時 スリーマインド教育センター研修室(表参道)にて

■中国工場・品質管理セミナー「中国自社工場及び生産委託先工場での品質管理の改善と指導のポイント」

~異文化コミュニケーションについても学びます~

詳細はこちら
http://www.kenshudo.net/seminar_detail/?id=1347269262-486381

こんにちは、チャイナプロジェクトの樋笠です。先日、ある公的機関様からのご依頼で、上海市の行政区からの訪日視察団向けの研修講師アレンジを担当させていただきました。


中国全体では医療レベルのばらつきや地域格差が問題となっていますが、中国随一の大都市・上海では、医療サービスの質・量とも充実しており、さらに日本の最新医療事情の研究にも余念がないことに感心しました。


外務省 上海の医療事情
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/shanghai.html

<参考記事>

海外へ赴任するビジネスマンや旅行者に現地の医療事情を知ってもらおうと,外務省はこのほど、在外公館の医療官が収集した医療情報の公開を同省のホームページで始めた。各国の衛生事情から、信頼できる医療機関の連絡先まで具体的に紹介。マラリアなどにかかった旅行者が在外公館に助けを求めるケースなども後を絶たないといい、同省では「医務官が体を張って集めた生の情報を役立ててほしい」と呼びかけている。

  日本の在外公館に勤める医師は医務官と呼ばれ、職員の健康管理のほか、在留法人や旅行者からの相談、現地の医療情報の収集を担当する。現在、63カ国に70人が常駐。今回は手分けして世界83カ国の医療事情を執筆し、生活環境や医療レベル、必要な予防接種、頼りになる病院などを紹介した。

  各国の欄には、医務官の名前や在外公館の連絡先も明記している。

アドレスは、http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/

おはようございます、チャイナプロジェクトの樋笠です。今日はある社団法人様の依頼で中国からの企業研修生向けの講師アテンドに行って参りました。

今回は中国の宇宙開発を担う某企業様の技術系幹部社員向けの研修でした。日本人の感覚では、このような国有大企業の幹部なら50代~60代のイメージでしょうが・・・。

実際にはみなさん30代位が中心で、非常に若々しく、女性も多数いらっしゃいました。朝から元気で笑い声の絶えない雰囲気でした。このような現場を見るにつれ、やはり中国の第一線の人材パワーを感じます。


さて、このような「中国からの企業研修生」や「視察団」は、みなさんそれぞれの目的意識をもって、日本にいらっしゃいます。

当社では、中国からの企業研修生や視察団のみなさまのニーズに合わせて、技術系のテーマ、業界別のテーマ(医療介護、不動産・建築、接客サービス、アニメ)などにマッチした講師をご紹介できます。

日本でコンサルタントや研修講師のマッチングで11年の実績があります。


講師選びでお困りのみなさま、既存の依頼先が良くない・マンネリ化している、というご担当者さまは、ぜひいちどご一報ください!提携専門家の一部は、下記の当社運営のポータルサイトでご覧になることもできます。


●チャイナプロフェッショナル(中国専門家中心)
http://www.chinapro.jp/
chinapro.jp3.jpg


●研修堂(企業研修講師中心)
http://www.kenshudo.net/
img_screenshot_kenshudo.jpg


●経営堂(コンサルタント中心)
http://www.keieido.net/
img_screenshot_keieido.jpg

こんにちは、チャイナプロジェクトの樋笠です。昨日、中国株・中国経済のスペシャリストとして著名な田代尚機さんに「中国ビジネス専門家サイト チャイナプロフェッショナル」へご登録戴きました。田代さん、ありがとうございます!私は以前から田代さんの著書やメルマガ「中国株投資レッスン」で中国経済の動向を勉強させてもらっているのですが、この2月より新しいメルマガを創刊されるとのニュースを知りました。以下、ご案内を引用させていただきます。


こんにちは、チャイナプロジェクトの樋笠です。引き続き成都出張の話題で。

日本でTwitterを通じて、たまたま知り合った、成都在住の弁護士・趙良さんの事務所を訪問しました。


チャイナプロジェクトの樋笠です。新規事業コンサルタントの生島大嗣さんが監修・翻訳を手掛けた中国の書籍をご紹介します。日経BP社より電子書籍で発売されました。http://techon.nikkeibp.co.jp/books/shanzhai/
以下、生島さんご本人からのメッセージです。

提携先の青山科技発展有限公司(香港)の青山利幸氏よりご案内をいただきました。

中国調達・委託生産マニュアルhttp://www.techno-con.co.jp/item/250147.html

香港在住の筆者が、特に電子機器や機化工部材の中国(日系,香港系,台湾系進出企業を含む)への委託生産を中心に,推進の手順や要点について解説しています。特にリスクが多い品質・納期問題などの具体的予防・解決策などは豊富な事例を交え説明しています。ぜひご参考になさってください。(チャイナプロジェクト樋笠)

チャイナプロジェクト代表 樋笠 耕治 facebookページ開設
チャイナプロジェクト 秦千懿 facebookページ開設

Copyright(c) 2011. チャイナプロジェクト株式会社 Allrights Reserved.