中文 日本語

  2013年7月31日、人民日報(電子版)によると、米カリフォルニア大学サンディエゴキャンパスに在籍する中国系男子学生は、2012年に米国の麻薬取締で身柄を拘束されたあと、5日間も放置され、自身の尿で命をつないだという。中国系学生はその後当局を訴え、このほど当局と410万ドル(約4億円)の賠償で和解した。

Copyright(c) 2011. チャイナプロジェクト株式会社 Allrights Reserved.