中文 日本語


チャイナプロジェクトの樋笠です。中国商務部が電子商取引企業によるネットショップ開業を支援していくというニュースが報じられました。すでに中国のネットショップ市場は世界最大の規模に達していますが、あと5年、10年で、世界中で中国企業のネットショップの存在感が一層高まっていくように感じています。以下、「人民網日本語版」記事より引用します。

tmallpc.jpg


チャイナプロジェクトの樋笠です。昨日の独身の日(11月11日)のセールにより、中国最大のネットショップである天猫(Tmall)の決済額が350億1850万6867元に達したというニュースが報じられました。昨年も191億元の売上を記録しましたが、今年はさらに1.8倍強に伸ばしましたね。

この350億元は1元16円で換算しますと約5600億円(!)。日本有数の楽天市場の12年12月期の流通総額が1兆3000億円程度と言われていますので、楽天の年間流通額の4割強をたった1日で売り上げた計算になります。

今後の所得や消費水準の向上を考えますと、中国は間違いなく世界一のネット通販大国になっていると実感します。

以下、ほかにも非常に示唆に富む記事内容ですので、ぜひご覧ください。


tmall.jpg

中国国内のモバイルゲーム市場はすでに飽和状態にあり、同業界の中小企業のほとんどが過酷な生存環境に身を置いている。これに対し、海外のモバイルゲーム市場はより有利な環境にある。秩序ある競争が確保されており、総合的に質の高い製品が人気を博しやすい。中でも日本は、iOSのアプリ売上高で世界最大規模を誇り、ユーザーが製品の質に対して高い要求を持つため、中国のモバイルゲームが海外で成功できるかどうかの腕試しにはもってこいの場所だ。このほど、「Rabbit Journey - エンドレス旅」というモバイルゲームが日本でリリースされ、24時間以内に有料ランキングで21位、ゲームランキングで6位という好成績を収めた。これは、日本のモバイルゲーム市場という「難関」にチャレンジしたいと思っている中国モバイルゲーム企業にとって、非常に喜ばしいニュースとなった。中国新聞網が伝えた。

2013年9月8日、フィリピンの食品薬品管理局は、当局が未認可の中国製口紅及びブランドのコピー商品の口紅には大量の重金属が含まれている可能性があるため、使用しないよう呼びかける警告を出した。9日付で環球時報が伝えた。

2013年9月9日、日本のデジタル産業が競争力を失い始めていることは紛れもない事実だ。この苦境をどう乗り切れば良いのか、打開策の議論が日本の産業界やエコノミストの話題になっている。日本の国際化を象徴する人物であり、エコノミストである莫邦富(モー・バンフ)氏が、近日、日本誌で文章を発表し、今後中国の家電メーカーであるハイアールに謙虚な姿勢で学べるかどうかが、日本の家電産業の行く末を左右すると指摘した。

2013年9月6日、ブルームバーグによると、留学先として米国よりも中国を選択する韓国人学生が急増している。中国との貿易や往来が拡大する状況下で、中国語の習得や現地の環境を身をもって体験することが就職する際の大きなアドバンテージになるためだ。7日付で環球時報が伝えた。

2013年9月8日、新華社によると、「ウォール街の神話」と称えられる著名投資家、ジム・ロジャーズ氏は7日、中国政府が人民元を自由に両替できる通貨にすれば、人民元は今後20年以内に米ドルに取って代わる可能性が高いと指摘した。

2013年9月8日、新華社通信によると、中国科学院の研究チームはこのほど、H7N9型鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染メカニズムの研究において突破口を開いた。研究の成果は米誌サイエンス電子版に発表された。

  2013年7月24日、日本の世論と経済界は中国経済の先行きに大きく注目している。最近、日本の大手新聞や雑誌は多くの紙幅を割いて上半期中国経済の発展情況について述べるとともに、経済専門家の分析や論評を紹介。日本の企業家は中国の上半期経済の下ぶれ情勢に懸念を表明し、各種データから中国経済が新たな調整の時期に入ったことがわかり、中国政府は経済の調整コントロールにあたってこれから難しい選択に直面するとの見方を示す。経済日報が伝えた。

  2013年7月28日、華字紙・日本新華僑報によると、日本のインスタントラーメンが中国市場で攻勢に出ようとしている。

2013年6月11日、人民網によると、中国の今年第1四半期の農村部住民の1人当たりの現金収入は2871元(約4万5000円)で、名目成長率は前年同期比12.2%、物価変動の影響を取り除いた実質成長率は9.3%に達し、第1四半期のGDP(国内総生産)成長率7.7%を上回った。


都市部住民の1人当たり可処分所得は7427元(約11万6800円)で名目成長率は9.3%、実質成長率は6.7%で、ある程度減速した。中国人民大学経済学院の劉元春(リウ・ユエンチュン)副院長は「全体的に言ってGDP成長率がある程度減速する中、住民所得は着実な増加を維持した」と説明した

ニセ酒、毒入り粉ミルク、環境汚染、汚職。日本も1960-70年代の高度経済成長期、これらの問題に悩まされた。日本は今、苦しみを乗り越え、当時の根強い社会問題から脱却した----。兵庫・伊丹市に10年以上住む学者・薩蘇氏はこのほど、成都で行われた金沙フォーラムに出席し、このように語った。薩蘇氏は詳細な史料、貴重な歴史写真を通じ、「中国は日本の高度経済成長期の社会情勢を参考にできる」という事実を明らかにした。成都商報が伝えた。

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが14日に発表した最新データによると、中国の2012年の再生可能エネルギー分野への投資額は、前年比20%増の677億ドルという記録的な数値に達し、米国を抜き世界最大の投資国になった。これとは対照的に、世界の2012年の風力エネルギー・太陽エネルギーなどの再生可能エネルギー分野への投資総額は、前年のピーク値より11%減の約2687億ドルとなり、近年来で最大の下げ幅となった。うち米国の投資額は、前年比32%減だった。人民日報が伝えた。

 世界的な金融危機および欧州債務危機の影響を受け、太陽エネルギー・風力エネルギー・バイオエネルギー分野への投資が大幅に減少している。バイオエネルギーおよびゴミの再生エネルギーへの投資額は、27%減となった。同データによると、再生可能エネルギー分野は今や、米国やドイツなどの先進国だけの独占的市場ではなくなり、南アフリカ、メキシコ、ブラジル、地理などの発展途上国によって、市場が効果的に開拓されている。(編集YF)

F201305151525352312712731.jpg

中国大陸の人件費(社会保障費を含む)は、過去3年間で60%超(ドル建て計算)上昇した。国際金融報が伝えた。

 経済成長および人民元相場の上昇により、中国の1人当たりの人件費は、2009年から2012年にかけてタイとマレーシアを抜き、アジアの新興経済国で最大の上昇率を示した。ベトナムもまた携帯電話の生産拠点として台頭しており、韓国のサムスン電子がこれを後押ししている。

チャイナプロジェクトの樋笠です。中国の映画産業が経済成長とともに記録的成長を遂げているという人民網のニュースです。13億人超の人口を抱える中国の地方都市(二線級・三線級都市)にシネマコンプレックスが普及して国産映画が好調な事が要因のようです。映画産業・アニメ産業など、中国は国家を挙げてソフトパワーに注力していることが分かりますね。


映画市場が急速に発展 二線・三線都市での発展受け

 以前は映画の上映スケジュールでハリウッド大作を避けていたことが、国産映画が受けていた大きな圧力を映し出していた。だが今では国産映画が次々に「奇跡」を演じるようになり、中国電影集団公司党委員会の焦宏奮書記は、「これまでわれわれはハリウッド映画とぶつからないようにしていたが、今では反対に、ハリウッド映画が中国国産映画に高い関心を寄せるという状況が訪れている」と感慨深げに話す。

soyoung.jpg
ヴィッキー・チャオ(趙薇)初監督作品「致我們終将逝去的青春」


 ここ数年来、中国の都市化プロセスが加速的に進行するのにともない、二線都市や三線都市の映画市場の規模が急速に拡大しており、国産映画産業の今後の発展により大きな可能性をもたらすようになった。

今年の北京の春は肌寒い天気が続いているが、第1四半期の全国自動車市場の業績は好調だ。中国自動車工業協会が発表した最新のデータによると、3月の自動車生産・販売台数はいずれも200万台を超え、記録を更新した。1-3月の自動車生産・販売台数の増加率(前年同期比)はいずれも10%を超え、第1四半期の自動車生産・販売は予想を上回る活況を呈した。これまで業界では、2013年通年の自動車市場成長率が依然として一桁台を維持し、約8%になると予想されていた。第1四半期の好調なスタートは、通年の生産・販売情勢に向けた基盤となった。北京晨報が伝えた。

2013年4月11日、世界的な粉ミルク購入制限はすでに英国にまで拡大した。英紙フィナンシャル・タイムズは9日付で、英国の一部スーパーが4月から乳児用粉ミルクの購入を2缶までに制限したことを報じた。これまでにドイツ、ニュージーランド、オーストラリアなどが粉ミルク購入制限を相次いで施行している。欧米諸国がこうした措置を打ち出した主たる原因は、海外ブランドの粉ミルクに対する中国の需要が「恐ろしいほど大きい」ことにあるとの見方がある。国際金融報が伝えた。

2013年4月10日、新京報によると、今月9日、日本円の対人民元レートは100円=6.2949元となり、元の対円レートはこれに連動して上昇を続けた。過去6カ月間に、円の対元レート低下幅は20%を上回った。ある専門家は、中国の輸出とインフレが圧力に直面しているとの見方を示し、元の対米ドルレートの柔軟性を徐々に高めて、連動した対円レートの上昇をくい止めることを提案する。

2013年4月12日、独ラジオ局ドイチェ・ヴェレによると、中国の民間環境保護組織「自然之友」が12年度の環境報告書を公表した。これによると、全国31都市中、最も大気汚染のひどい都市は甘粛省蘭州市、次いで北京市であることが分かった。

2013年4月12日、日本の物価の高さは世界的に有名だ。日本に行ったことのある友人によると、日本でスイカ1個を買うのに必要なお金で、北京のスーパーなら1ダース買えるという。英誌エコノミストは以前、世界で最も物価の高い都市として東京を挙げた。だが高い物価に慣れている日本人は、最近落ち着けなくなってきたようでもある。なんと中国産野菜が国産よりも高くなったからだ。経済参考報が伝えた。

チャイナプロジェクト代表 樋笠 耕治 facebookページ開設
チャイナプロジェクト 秦千懿 facebookページ開設

Copyright(c) 2011. チャイナプロジェクト株式会社 Allrights Reserved.