中文 日本語

2013年6月8日、仏華字紙・欧州時報は記事「トップ人材の流出が中国のソフト面、ハード面の環境を問い直す」を掲載した。

2013年6月14日、中国のネット大手・騰訊(テンセント)のポニー・マー(馬化騰)最高経営責任者(CEO)はこのほど、「テンセントは今は中国で多くの利用者と高い知名度を獲得しているが、海外ではほとんどの人に知られていない」と率直に述べた。人民日報海外版が伝えた。


こんにちは、チャイナプロジェクトの樋笠です。尖閣諸島問題によって中国からの観光ツアーのキャンセルが相次いでいます。震災・原発事故のときも大幅な訪日観光客の減少となって、やっと回復してきた矢先のことです。国慶節を前に、中国人観光客を迎える商売をされている企業様にとっては「またか・・・」という気持ちだとお察しします。日本政府の愚策ぶりを恨みたくなる気持ちかもしれません。


しかし中国人観光客がキャンセルになった今のタイミングだからこそ、スタッフ・従業員の皆様向けに、忙しい時期にはなかなかできない接客研修を行うにはチャンスではないかと思います。


中国人観光客は、必ず戻ってきます。それまでには、中国人向けの接客技術をさらにレベルアップさせて、十分な備えを行うことが、まさに今できるベストな対策ではないでしょうか。


当社でもさまざまな専門講師とプログラムをご準備しておりますので、よろしければぜひお問い合せ下さい。また助成金を活用して、研修コストを大幅に下げる方法もございますので、ぜひ活用されることをお勧めいたします。

kanagawashinbun.jpg
中国語の新年のあいさつが掲げられた量販店=横浜市西区のヨドバシカメラマルチメディア横浜(神奈川新聞社)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1002130009/


おはようございます、チャイナプロジェクトの樋笠です。日本の化粧品メーカー様より、中国市場での販売を前提とした、中国での薬事法対応のお問い合せを戴きました。当然のことながら、日本の薬事法とは違いますので、日本国内で許可・販売されている製品であっても、中国向けの対応が必要です。また新製品として開発する場合も、やはり原材料が中国の薬事法をクリアしているかどうかの事前チェックが欠かせません。

<参考情報>
ジェトロ 化粧品の現地輸入規則および留意点:中国向け輸出
http://www.jetro.go.jp/world/asia/qa/01/04A-030115


そこで専門会社へ依頼する必要がありますが、正直申し上げて、日本の専門企業は非常に数少なく、非常にコストが高くつくように思います。また中国の薬事法対応を掲げている国内の会社でも、実態は中国の提携先への丸投げといったこともあります。


やはり中国国内の法律と事例に精通した、国家知識産権局の認可を受けた中国の法律特許事務所へ直接依頼されることをお勧めいたします。案件内容にもよりますが、10万円~、20万円~、といったレベルで依頼が可能です。


お困りのケースがありましたら、ぜひ気軽にお問い合せ下さい。


2008 年 1 月の労働契約法の施行以来、中国では労働者の権益保護に向けた動きが一層強まっている。また、米国発の金融危機以後の急速な経済の回復や、内需・消費の拡大、民生の改善といった中国政府の政策方針の転換もあり、各地域の最低賃金は大幅に引き上げられている。一方、中国は国土が広大で地域によって賃金水準、労働力の需給環境が異なることから、地域ごとの状況把握が不可欠だ。

中国の地域別労務環境

2012年9月11日 09:46

(1)総論
・ 2008 年 1 月の労働契約法の施行以来、中国では労働者の権益保護に向けた動きが強まっている。また、米国発の金融危機後の急速な経済の回復や、内需・消費の拡大、民生の改善といった中国政府の政策もあり、各地域の最低賃金は大幅に引き上げられている。
・ 労働争議や賃金上昇といった労務リスクへの対処のポイントとして日系企業が挙げるのは、a)労働環境の改善、b)周辺企業の賃金相場の把握、c)人材募集手段の多元化、d)生産の省人化、e)中国内陸部や他のアジア諸国・地域への移転、f)経営の現地化、などである。
・ 労働集約型でコスト勝負の要素が強い企業では、中国外への移転や廃業も検討・実施されているようだ。しかし多くの企業は、今日の中国の魅力として市場規模や成長性、産業集積を挙げており、中国で作り中国で売るという現地販売の強化を重視している。

こんにちは、チャイナプロジェクトの樋笠です。先日、ある公的機関様からのご依頼で、上海市の行政区からの訪日視察団向けの研修講師アレンジを担当させていただきました。


中国全体では医療レベルのばらつきや地域格差が問題となっていますが、中国随一の大都市・上海では、医療サービスの質・量とも充実しており、さらに日本の最新医療事情の研究にも余念がないことに感心しました。


外務省 上海の医療事情
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/shanghai.html

<参考記事>

海外へ赴任するビジネスマンや旅行者に現地の医療事情を知ってもらおうと,外務省はこのほど、在外公館の医療官が収集した医療情報の公開を同省のホームページで始めた。各国の衛生事情から、信頼できる医療機関の連絡先まで具体的に紹介。マラリアなどにかかった旅行者が在外公館に助けを求めるケースなども後を絶たないといい、同省では「医務官が体を張って集めた生の情報を役立ててほしい」と呼びかけている。

  日本の在外公館に勤める医師は医務官と呼ばれ、職員の健康管理のほか、在留法人や旅行者からの相談、現地の医療情報の収集を担当する。現在、63カ国に70人が常駐。今回は手分けして世界83カ国の医療事情を執筆し、生活環境や医療レベル、必要な予防接種、頼りになる病院などを紹介した。

  各国の欄には、医務官の名前や在外公館の連絡先も明記している。

アドレスは、http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/

2011年11月1日、中国紙・環球時報は日本大学大学院の李克(リー・コー)教授の寄稿「日本の中小企業を中国から遠ざけるな」を掲載した。以下はその内容。


東日本大震災後、日本は産業の海外移転を進めている。多くの中国企業はその恩恵に預かりたいと思っているが、彼らは故意に中国を避け、台湾や東南アジアを選んでいる。日本の中小企業はなぜ、中国企業と提携したがらないのか?

上海市の北西100キロメートルに位置する江蘇省張家港市。長江に接する港湾施設が充実する物流の要所で、なかでも経済特区には多くの企業が集まる。ここに本社を構える張家港市華昌薬業は、東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)の生産管理ソフトである「MCFrame」の導入を決めた。


「日本にいながら中国ビジネスで儲ける法」が、日本合理化協会出版より発売されました。

本文384ページ。こちらが目次です。

定年後は中国で働く

2011年6月24日 11:00

日本では団塊世代の大量退職がピークを迎えています。ご存知のとおり、なかなか日本国内での再就職は難しいですが、経済発展著しい中国に目を向ければ、まだまだ大きなチャンスが眠っています。例えば、

チャイナプロジェクト代表 樋笠 耕治 facebookページ開設
チャイナプロジェクト 秦千懿 facebookページ開設

Copyright(c) 2011. チャイナプロジェクト株式会社 Allrights Reserved.