中文 日本語


チャイナプロジェクトの樋笠です。「千人計画」などにも関係する海外ハイレベル人材の最新ニュースです。


外国籍ハイレベル人材にビザなどの優遇措置
http://j.people.com.cn/94475/8003691.html


 人力資源・社会保障部が明らかにしたところによると、中共中央組織部、人力資源・社会保障部、外交部、公安部、国家外国専門家局はこのほど、外国籍ハイレベル人材の訪中ビザおよび居留問題に関する通知を発表し、外国籍ハイレベル人材に対し以下のような優遇措置を提供するとした。人民日報海外版が伝えた。


チャイナプロジェクトの樋笠です。海外から帰国する中国人留学生。かつてはエリートとして高給・厚待遇が保証されていましたが、そのような状況も変わってきたようです。


中国人留学生が急増、帰国者がエリートから一般人に
http://j.people.com.cn/94476/7992989.html

 海外の卒業証書を持つことはかつて、学生たちの追い求める夢であった。そのため、中国の大卒者は相次いで渡航し、「ステータス」の向上を続けていた。しかし中国人留学生の激増により、彼らはかつてほどチヤホヤされなくなった。しかも一部の高学歴の帰国者は就職難に苦しみ、職を求め駆け回っており、「高給」など求めようもない。浙江日報が伝えた。

liuxuesheng.jpg
http://bitex-cn.com/teaching_materials/126/show12033001.html


チャイナプロジェクトの樋笠です。中国の国家レベルでの高度人材の育成・支援を推進する「万人計画」が発表されました。有名な「千人計画」は海外からの高度人材招聘、いわゆる海亀政策の一環ですが、この「万人計画」はあくまで国内人材の育成というのがポイントです。以下サイエンスポータルチャイナの記事より引用します。


チャイナプロジェクトの樋笠です。2012年9月27日~28日東京国際フォーラムで予定されていた「第3回日中大学フェア&フォーラム」の延期が決まりました。こういった民間交流に影響が出てしまってたいへん残念です。日中国交正常化40周年の記念すべき年でしたが、日本・中国それぞれにおいてイベントの中止が相次いでいることだと思います。

http://univff.net/index.html

daigakuf.gif

こんにちは、チャイナプロジェクトの樋笠です。日本政府による尖閣諸島買取決定を受けて、中国政府は厳しい姿勢を見せています。本日の人民網ではトップ記事10個のうち、実に8個が尖閣問題に関する論評と記事でした。

過去にも度々起こってきた日中政府間の政治的衝突ですが、今回は領土問題という「根源的な問題」だけに、日中経済や文化交流への影響がとても心配です。

今日は日本企業にとってますます存在感を増している中国人留学生についての記事を紹介させていただきます。中国関係のビジネスの現場にいればたいへんよく理解できる話です。


【中国人留学生、日本企業を引き付ける3つの強み】

http://j.people.com.cn/94476/7928848.html


 日本の震災後の復興および景気回復に伴い、就職状況が例年と比べ大きく好転している。就職情報センターの統計データによると、7月末の大学卒業予定者(中国人留学生を含める)の就職内定率は、前年同月比5ポイント増の58.0%に達した。日本企業は中国人留学生の採用を重視している。ラジオ放送中国之声の「全球華語広播網」が伝えた。

おはようございます、チャイナプロジェクトの樋笠です。今日はある社団法人様の依頼で中国からの企業研修生向けの講師アテンドに行って参りました。

今回は中国の宇宙開発を担う某企業様の技術系幹部社員向けの研修でした。日本人の感覚では、このような国有大企業の幹部なら50代~60代のイメージでしょうが・・・。

実際にはみなさん30代位が中心で、非常に若々しく、女性も多数いらっしゃいました。朝から元気で笑い声の絶えない雰囲気でした。このような現場を見るにつれ、やはり中国の第一線の人材パワーを感じます。


さて、このような「中国からの企業研修生」や「視察団」は、みなさんそれぞれの目的意識をもって、日本にいらっしゃいます。

当社では、中国からの企業研修生や視察団のみなさまのニーズに合わせて、技術系のテーマ、業界別のテーマ(医療介護、不動産・建築、接客サービス、アニメ)などにマッチした講師をご紹介できます。

日本でコンサルタントや研修講師のマッチングで11年の実績があります。


講師選びでお困りのみなさま、既存の依頼先が良くない・マンネリ化している、というご担当者さまは、ぜひいちどご一報ください!提携専門家の一部は、下記の当社運営のポータルサイトでご覧になることもできます。


●チャイナプロフェッショナル(中国専門家中心)
http://www.chinapro.jp/
chinapro.jp3.jpg


●研修堂(企業研修講師中心)
http://www.kenshudo.net/
img_screenshot_kenshudo.jpg


●経営堂(コンサルタント中心)
http://www.keieido.net/
img_screenshot_keieido.jpg

チャイナプロジェクトの樋笠です。以下は2012年4月23日のロイター記事です。中国に渡って第二の技術者人生を歩む日本人の姿がよくわかる興味深いレポートです。


読んでいて「あれっ?」と疑問に思ったのが、中国に日本の培った技術がタダ乗りされているような趣旨で問題視している経済産業省・知的財産政策室の石塚康志室長の意見ですね。


レポート全体を読めば分かりますが、先進国から新興国へ人材や技術が移転するのは止めようもない自然の流れです。何が何でも日本に技術を留めよ、海外に出るのはフリーライドだという発想自体が極めて陳腐に思えます。


日本の企業で仕事の受け皿がなく、声をかけてもらった中国企業に渡る日本人がいるのは現実として当然のことです。まさか石橋氏は日本で就職口を保証してくれるとでも言うのでしょうか(笑?)日本で職探しに疲れてくすぶっているよりも、むしろ必要とされている海外で貢献し、新たな経験を積んで活躍する道を選んだことの方が、ご本人にとっても、日本にとっても、遥かに有意義だと私は思います。


reuters.jpg


こんにちは、チャイナプロジェクトの樋笠です。北京汽車工業集団が昨年12月に日本で採用活動を行い68名に内定を伝えたという驚くニュースです。北京汽車はオフロード車を得意とするビッグ5以下の企業ですが、ドイツ、日本で、説明会を行うのは、非常に先進的な取り組みですね。数年後には珍しくなくなっているかもしれません。

以下、「人民網日本語版」2011年1月6日より
http://j.people.com.cn/94476/7698436.html

こんにちは。チャイナプロジェクトの樋笠です。今回はリクルートが開始した中国の大学生と日本の企業をマッチングする新卒採用サービスについての記事を引用します。
私は大学を卒業して就職した会社がリクルートでしたので(いわゆる元リク)、このサービスの今後の展開にすごく関心がありますね。いずれにしても日本で中国人大学生の仕事のチャンスが増えることは、相互理解にとって非常に喜ばしいことですし、それだけ日本企業で中国人学生のニーズが高まっている証拠だと思います。

こんにちは、チャイナプロジェクトの樋笠です。成都出張の目的のひとつに海外ハイテク人材及び華僑華人商談会(略称:海科会)への参加がありました。

人力資源・社会保障部はこのほど、「留学者帰国事業『第12次五カ年計画』」を発表し、「第12次五カ年計画(2011-2015)」期間中、留学からの帰国者50万人以上を目指すことを打ち出した。

こんにちは、チャイナプロジェクトの樋笠です。いま日本では創業・ベンチャー支援・IPOといった一時盛り上がったブームがすっかり影を潜めている感じがします。一方で中国での国を挙げた高度人材招致の動きはますます勢いを増していると実感します。国や政府の機関だけでなく企業も同様です。日本では、海外で留学した優秀な人材を、国がバックアップするような制度はあるのでしょうか?復興事業に意欲のある人材や起業家が参画できるような仕組みはあるのでしょうか?


◆海外留学生に新たな帰国の波 創業の主力に

 「人民網日本語版」2011年8月24日
http://j.people.com.cn/94476/7578077.html

湖州市は中国東部沿海の浙江省の北部に位置している。東へ148キロは上海と隣接、南へ88キロは杭州と接し、西へ240キロは南京で、北へ蘇州、無錫まで約90キロである。市はまた揚子江デルタ都市圏及び上海経済圏の中心に位置している。そして、太湖周辺に唯一湖で名づけられた都市である。湖州市は徳清、長興、安吉3つの県と呉興、南潯2つの区を管轄し、総面積が5800平方キロで、人口が258万人である。

中国人力資源社会保障部の責任者は26日、新華社の記者に、中国で高度人材とくに世界一流の最高の人材とリード人材がまだ不足していると嘆いた。


広東省の高度人材招致計画

2011年6月29日 14:27

2010年10月、広東省政府はイノベーション創業科学研究チーム及び高度人材招致計画を公告した。主な内容は以下の通り。

招致産業
製造、現代サービス、ハイテク(電子情報、半導体照明(LED)、電気自動車、太陽光発電、原子力設備、風力発電、バイオ、省エネ・環境、新素材、航空宇宙、海洋等11新興産業を含む)

千人計画

2011年6月22日 16:53

2008年から、中国は海外ハイレベル人材招致「千人計画」を実施している。これは5年から10年をかけて、国の重点プロジェクトなど、企業と金融機構、ハイテク産業開発区を主とするサイエンスパークを設置するもので、海外から千人以上の専門家を招請することにしている。入選すると、一括補助金100万元とほかの優遇が与えられる。これまで、この計画の実施により、1143人の専門家などがリストに入れられ、中国の各地で活躍している。(チャイナプロジェクト 秦)

チャイナプロジェクト代表 樋笠 耕治 facebookページ開設
チャイナプロジェクト 秦千懿 facebookページ開設

Copyright(c) 2011. チャイナプロジェクト株式会社 Allrights Reserved.